脊椎の神経が圧迫される病

医者

腰痛の原因病のひとつ

腰痛に悩まされている人の数は少なくありませんが、その原因はさまざまです。腰痛の原因となる症状のうち、加齢に伴って発症することが多いのが、腰部脊柱管狭窄症です。脊柱管とは、脊椎の中にある管状の空洞のことをいいます。この中には坐骨神経などにつながる神経組織が通っています。この脊柱管が組織の老化等によって狭くなり、中の神経を圧迫することで発症するのが腰部脊柱管狭窄症です。腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状は、間欠性跛行です。これは、一定時間歩き続けていると足腰に痛みやしびれを感じるが、止まって腰を下ろすなどしてしばらく休んでいると痛み等がやわらぐというものです。軽症のうちは、休み休みであれば日常生活にそれほど支障が生じません。ただ、気をつけなくてはならないのは、この症状は自然治癒することはないということです。程度には個人差があり、軽症のまま一生を送れる人もいますが、悪化すると歩行が困難になったり、排尿障害を引き起こしたりすることがあります。気になる症状が出た時は、早めに医療機関を受診することが推奨されています。腰部脊柱管狭窄症の治療は、保存療法が中心となります。必要に応じて鎮痛薬の投与やコルセットの着用などを行いながら、患部をできるだけ安静にして症状の軽快を促します。温熱療法などを組み合わせることもあります。症状が重い時は、外科手術が行われることもあります。この場合は、骨や靭帯の一部を削ることで、神経に対する圧迫を取り除きます。

Copyright© 2018 脳動静脈奇形の症状をチェック【治療すれば破裂を防ぐことができる】 All Rights Reserved.