関節

手足の腫れが特徴

リウマチは免疫疾患の一種で、手足の腫れや痛みが生じます。世田谷で病院を探すときは整形外科を探すことが多いですが、できたらリウマチの専門医か最新の治療を導入している病院を選ぶべきでしょう。ドクターショッピングも仕方ない面があります。

主な症状について

女医

どんな症状があるのか

脳動静脈奇形は、基本的に症状を感じない方が多い疾患です。稀に頭痛や手足が引きつるような発作の原因となっている事があります。健康診断や他の病気の検査の際に、CTやMRIなどの画像検査で偶然発見されることが多いです。このように日常生活ではほとんど症状を感じない疾患ですが、激しい運動を行ったり血圧が上がるような動作を行った際に、脳動静脈奇形で発生した血管の塊が破裂することがあります。血管の塊には大量の血液が流れており、塊が破裂すると脳内出血やくも膜下出血を引き起こします。脳内出血やくも膜下出血を引き起こすと、出血した場所によって様々な症状や後遺症を発生させます。脳幹付近で出血すると、生命維持に必要な機能が維持されなくなり命の危機に陥ります。前頭葉では、いわゆる前頭葉症状を発症することが多く、感情が抑制できなくなったり、記憶力や集中力がなくなったり、物事を考える事が難しくなります。また、麻痺が残ることもあります。側頭葉で出血がおこると、失語症となる場合があります。頭頂葉で出血が発生した場合、しびれを感じたり、熱さや冷たさ、痛みや振動を感じづらくなります。また、左右が分からなくなったり、物と自分の位置関係が分からなくなる、服を着たり急須でお茶を入れる等のまとまった一連の行動をとることが難しくなります。後頭葉で出血がおこると、目は正常であるにも関わらず、物が見えなくなることがあります。また、見たものを正確に把握できないという症状が発生します。脳動静脈奇形は、治療すれば破裂を防ぐことができます。そのため、脳動静脈奇形の専門医による治療や検査が大切です。

病院

腰や首の痛みの原因の一つ

腰の痛みや首の痛みに悩んでいるという人は、腰部脊柱管狭窄症がその原因である可能性もあります。腰部分の頚椎にある脊柱管が狭くなってしまう病気であり、早めに治療を行うことが大切です。腰部脊柱管狭窄症の手術は高度な技術が必要とされるため、確かな実績を持ちリハビリ施設も充実している病院選びが大切です。

カウンセリング

若年者の脳卒中について

脳動静脈奇形は、若くても脳卒中を引き起こす可能性のある病気です。主に20〜40歳代に多く、出血や無症候といった様々な症状が現れるとされています。治療法には4つの種類があり、症状に合わせて治療が行われます。

診察室

リハビリに訪れよう

世田谷にはリウマチ緩和のためのリハビリができる様々な施設があります。主治医に相談をして適切な施設を紹介してもらいましょう。定期的に通うことで症状が和らぐこともあるのです。一般的には温熱療法が用いられます。

医者

脊椎の神経が圧迫される病

腰部脊柱管狭窄症は加齢等を原因として脊柱管という組織が変性し、神経を圧迫することで腰痛などを引き起こす疾病です。自然に治癒することはないため、程度に応じて保存療法や外科手術などの治療が必要となります。

Copyright© 2018 脳動静脈奇形の症状をチェック【治療すれば破裂を防ぐことができる】 All Rights Reserved.